a5m2 インストール手順

インストール手順

テーブルの内容を確認したり、何かと便利なデータベースツールは色々ありますが

フリーで、しかもメジャーどころのデータベースに対応している「A5:SQL Mk-2」は

かなり便利でありがたいツールです。

多機能なツールでER図等も作成出来ます。(興味のある方はA5:SQL Mk-2こちらをどーぞ)

A5:SQL Mk-2をインストールし、SQLiteのデータベースを確認する例で説明します。

Vectorから

A5:SQL Mk-2(x64 edition)

をダウンロードします。

A5:SQL Mk-2の詳細情報 : Vector ソフトを探す!
汎用SQL開発環境/ER図ツール(入力補完・SQLのGUI編集機能を備える ER図も編集可能)

ダウンロードした

a5m2_2.15.2_x64.zipを

インストールしたい場所に解凍します。

フォルダー内のA5M2.exeをダブルクリックします。

詳細情報をクリックします。

実行をクリックします。

設定ファイルをクリックします。

いいえをクリックします。

OKをクリックします。

OKをクリックします。

追加をクリックします。

SQLite(sqlite3.dll経由)をクリックします。

接続するデータベース(dbファイル)を選択します。

次にテスト接続をクリックします。

接続に成功したことを示すメッセージが表示されますので

OKをクリックします。

OKをクリックします。

OKをクリックします。

閉じるをクリックします。

ここまでで

インストールとデータベースに接続する設定は完了です。

ここからは動作確認です。

データベース(例ではtest.db)をクリックします。

接続をクリックします。

データーベースの詳細が開きますので

default→テーブル→表示するテーブル(例ではsample)

を選択した状態で右クリックします。

メニューからテーブルを開くをクリックします。

テーブルのデータが表示されます。

ここで値の変更も行えます。

SQL文の発行は

画面上部のQuery-1タブから発行が行えます。

SQL文を入力し、実行をクリックします。

(例では select * from sample)

※タブの追加は、画面左上の新しいドキュメントから行えます。

実行結果が表示されます。

複数のSQL文の発行は

SQL文を;で区切って

SQL文を選択した状態で

実行をクリックするとおこなえます。

No1タブに1行目の結果が表示されます。

No2タブに2行目の結果が表示されます。

以上でインストールと動作確認は完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました