c# MySQL Workbench の簡単な使い方

C#インストール手順プログラミング

MySQL Workbenchは統合ビジュアルツールです。SQL実行、スキーマ、テーブルの確認と作成などが行えます。

ここでは、MySQL Workbenchを使って下記①~④の使い方を説明します。

①スキーマの作成

②テーブルの作成

③データの登録

④データの確認

MySQL Workbenchは個別でもインストール可能ですが、MySQLのインストール時に選択することでインストールされます。(c# MySQL のインストール手順

MySQL Workbenchがインストールされていることを前提に説明します。

「スタート→MySQL→MySQL Workbench 8.0 CE」をクリックします。

MySQL Workbenchが起動されます。

「Local instance MySQL80」をクリックします。

Connecto to MySQL Server画面が表示されます。rootのパスワードを入力します。「Save password in vault」をチェックします。(これをチェックすると次回からパスワード入力が省略されます。)

「OK」をクリックします。

①スキーマの作成

編集画面が表示されます。

「Schemaアイコン」をクリックします。

Schemaタブが表示されます。

今回は以下の設定でSchemaを作成します。

Name:test_schema

Charset:utf8mb4

Collation:utf8mb4_general_ci

「apply」をクリックします。

「finish」をクリックします。

作成されたtest_schemaがSchemasタブに表示されます。「test_schema」をダブルクリックしてスキーマを選択します。

②テーブルの作成

test_schemaのTables、views…などが表示されます。「テーブルアイコン」をクリックします。

coumnsタブが表示されます。

Table Name:sample

Column Name(1行目):no

Column Name(2行目):title

を入力して「apply」をクリックします。

「apply」をクリックします。

「finish」をクリックします。

③データの登録

「Tables」をダブルクリックします。

sampleテーブルが表示されます。「Tables」をクリックします。sampleテーブル右横の「テーブルアイコン」をクリックします。

上段にsampleのselect区、下段にsampleのVIEWが表示さます。

No:1,title:あか

No:2,title:あお

No:3,title:きいろ

VIEWに上段の3レコード入力し、「apply」をクリックします。

「apply」をクリックします。

「finish」をクリックします。

④データの確認

「イナズマアイコン」をクリックします。

VIEWが再表示されます。

登録したデータが表示されればOKです。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました